ずっとしまっていたプラチナ。

売り時を逃さないこと

リーマンショック以降増えてきた宝石買い取りのお店の主な目的は、ゴールドやプラチナを買い取ることが目的だと言われています。実はプラチナはとても希少価値の高い金属なのです。ブライダル用のリングなどの宝飾用として使用されるイメージが強いですが、最近は工業用として使用されることが多く、その需要も高まっています。
プラチナを使ったアクセサリーでずっと使っていないものがある場合は、試しに買取業者に査定してもらうといいでしょう。プラチナは海外の相場価格と密接にリンクしていますし、日本円とドルの相場などによっても変化しています。相場価格が激しくて変化していますから、売り時に売ってしまうのがいいかもしれませんね。

アクセサリーとして売る場合は

プラチナの買取価格は、重さを計測することで決定します。これはリングなどのアクセサリーを持ち込む場合でも同様です。宝石の価値も査定額に含まれますから、その点は安心していいですよ。まずは重さを測定した後、付属しているダイヤやルビーなどの査定を行うのです。
もしアクセサリーが壊れている場合や、ピアスなどの片方欠けている場合も問題なく買い取ってもらえます。もしそのアクセサリーに傷があったりした場合や、ボックスなどの付属品などがない場合も、プラチナ買取の場合は減額されることがないので安心してくださいね。婚約指輪などのようにメッセージが刻印されている場合にも買取が可能になっています。とりあえず査定してもらうといいでしょう。