サイズが合わない。デザインが古い。

タンスに眠っていたアクセサリー、捨てるのはもったいない!

タンスに眠っていた昔買ったアクセサリーってあると思います。こうしたアクセサリーはどうしても指に嵌らなかったり、嵌ってもきつかったりサイズが合わないことも多いです。もしサイズの問題がなかったとしても、今時のデザインかというと、10年も20年も眠っていた物であれば、おそらくそんなことはないでしょう。
では、捨ててしまおうか?そういったいらなくなったアクセサリーをただで捨てるのはもったいないです!では、どういった活かし方があるのでしょうか?
まずは、そのアクセサリーが思い出深いものであるなら、リフォームすることをおすすめします。また、リフォームは考えていないけれど、サイズが合わないという場合には、そこまで高くない値段でお直しができるので、お見積りを取ると良いでしょう。
それでは、別にそこまで思い出もなく、捨てても良いアクセサリーはどうしたらベストなのでしょうか?

買取業者に買い取ってもらう方法も・・・

ここでおすすめしたいのが、貴金属の買取業者に引き取ってもらうことです。もちろん、買取なのでお金ももらえますし、自分にとっては捨てても良い物ですから、現金になるなら嬉しいですね。
安定して買い取って貰える貴金属は、やはり金・プラチナ・ダイヤモンド・銀でしょう。この中でもプラチナは価値が高いです。
実はプラチナも金と同じように、純度によって呼び名があります。【Pt1000】はほぼ純度100%ですが、これは強度が低いため、アクセサリーに利用されることは少ないようなので、おそらくこれを使った物を所持している人は少ないでしょう。しかし、次に純度が高い【Pt950】のアクセサリーは持っている人も結構います。もし、いらなくなったアクセサリーがこのプラチナを使った物であれば、ぜひ捨てないで買取業者に持っていきましょう!